水圧で空を飛ぶ!! フライボードやってみた

こんにちは。この夏、新しいことを体験した、ふりかけ小町です。


~フライボード~

フライボード

そう、いつかのGoogle CMで話題になったマリンスポーツ


今回体験をしに行ってきたのは、神奈川県にあるフライフィールド逗子さん。

4種類のアクアボードが体験できる、逗子マリーナ内にあるお店です。

※アクアボードとは、水上バイク等のジェット水流を利用して「水圧で空を飛ぶ」マリンスポーツの総称
 (フライフィールド逗子HPより)


「やってみたい」と思ってはいてもなかなか行動に移せない、
興味はあるけど、実際どんなかんじか心配…

って人もいるかも(私がそうだったので)しれないので、体験記を残すことにしました!


残念ながら、フライフィールド逗子は昨日8月31日で今年の営業を終了されたようです。


~では、ここからフライボードを体験したあの日の記録~

逗子マリーナ内にあるフライフィールド逗子は、逗子駅・鎌倉駅からバスで行ける。

逗子駅から向かおうと予定していたが、向かっている途中で
土日祝日は鎌倉駅からであれば無料の直通シャトルバスが出ていることを知り、予定変更。

鎌倉駅からシャトルバスに乗ることにした。

東口を出て、7番乗り場に向かう。

↓これがバスの停留所
バス停

しまった。時刻表まではチェックしてなかった。

次に来るバスに乗ってギリギリ間に合う時間だった。
(この時刻表は2017年8月時点のものです。変更の可能性があるので、ご注意ください)

やって来たバスに乗り込み、10分くらいして逗子マリーナに到着。意外とかかる。
この日は逗子マリーナで結婚式があるようで、それに参加する人もけっこー乗っていた。
思っていたよりバスの中は満員だった。偶然だが2番目に並んでいてよかった。

バスを降りるとすぐ目の前にフライフィールド逗子はあった。

フライフィールド逗子

まずお店の受付で、予約をしている旨を店員さんに伝える。
※予約時間の30分前に行きましょう!(私はこの注意書きを読んでおらずに予約時間ギリギリに着いた)

店員のおねーさんに予約の時間と名前を伝えると、誓約書を書くように渡される。
炎天下、屋外に置かれているテーブルで誓約書を記入するのはなかなかキツかった。
この時点で汗ダラダラ。

水着とタオルは持参したが、サンダルを忘れた私たちは、ウェットスーツと一緒にサンダルを借りることに。
ウェットスーツは1,080円、サンダルは2~300円だったと思う。
真夏の時期はウェットスーツは着なくてもOKらしいが、念のため。

記入した誓約書を渡し、支払いを済ませてレンタル品を受け取る。

更衣室とフライボードをする場所の案内を受けて受付を後にした。
基本的にここからはすべて自分たちで行動する。

更衣室で水着に着替え、その上からウェットスーツを着る。もちろん汗はダラダラ。
ここでフライボードを実際にする場所に、なにを持って行くべきか悩むが、
必要そうなものが思い浮かばず、サンダルに履き替えて手ぶらで海のほうに向かう。
※スマホで撮影したい場合、スマホを持って行くべき!
私は死にかけのスマホがリアルに壊れるのを恐れて、持って行くことができなかった。
ちなみに受付でスマホの防水カバーもレンタル中だった。必要であれば借りられる。

海ではもう他の組が体験中だった。
どうやら1組につき1台(単位はこれで合ってるか不明)が基準のよう。
確かに2人で行って同時にやるより、お互いのを見られたほうが盛り上がるかな。
水上バイクは3台あり、フライボードも3台。つまり、一度に3組が体験できる。

桟橋が待機場になっていて、その目の前の海でフライボードを体験する。
すぐ右のほうではバーベキューで盛り上がる人々、左側はボートで優雅に酒を飲む上流階級っぽい人々がいた。
まず口頭でのレクチャー。フライボードの仕組み、やり方、注意点の説明を受ける。
いかにも海の男ってかんじのオジサマだった。

レクチャーが終わるといよいよ実体験!

まず、一緒に行った彼氏から飛ぶことに。
ライフジャケットとヘルメットをつけ、ブーツを装着。海へ旅立っていった。
私は桟橋に座り、あまりの暑さに足を海にいれバシャバシャしながら見ていた。
おっと、うちの彼、、うまいな。
始めて間もなく少し浮いた。運動神経がいいと飲み込みは速い。
他の2組の人たちに比べると俄然うまくできていた。

バランスを取るのが上手かったようで、かなり高いところまで飛んだりしていた。

本人も楽しそうだった。でもバランスを保つのに必死で手はあまり振れないようだw
彼と同時に体験中だった女子2人も、キャーキャーいって楽しそうだった。

15分が過ぎ、私の番になった。

正直、あまり運動に縁のない私が飛べる自信はまったくなく、
経験済みの妹からは「おねえちゃんは無理そう」と言われていたw
私もちょっとそう思っていたw

ブーツを装着し、いざ海へぴょーーん!!
寒っ!!

直射日光を浴びていて体が熱くなりすぎていたせいか、海水が冷たく感じた。きもちい~い!

フライポイントまで仰向けになり、噴射の勢いで移動。ドキドキドキ。。


飛んでも大丈夫な地点に到着し、水上バイクを操縦するお兄さんから水中でまっすぐ立つように指示される。

口頭レクチャーで教えてもらっていたけど、水圧もあり波もあり、なかなかうまく立てない。
まだバランスが取れていない状態でジェット噴射!
少し体が水面から出て一瞬で海に落ちた。
くぅーー。海水がしょっぱい!!

湘南の海に入ったのはこれが初めて。
今までいろいろ行ってきたどの海より塩分が濃く感じた。海・・・汚いもんね。緑色だし。

それからは
水中で直立→噴射→水面から出る→バランス崩してドボン
のくり返し。何度かやっていると…

ババババー

浮いたー!!!

でも一瞬噴射が弱まるとバランスを崩し、そのまま海にバシャーーーン

今度はそのくり返し。


操縦のお兄さんから
「飛んでて、だんだん低くなってきたら足首を使ってバランスを取るとまた上に飛ぶよ」
的なアドバイスをもらったんだけど、
なかなかその通りにはできず。

彼氏のように長い間飛ぶことは最後までできなかった。

でもけっこー高い位置まで上げてもらったりもして、すごく「飛んでるー!」って感じることができた!


終わった後は彼も私も「またやりたいね」と、2人とも虜。

毎年通って、上手くなりたい!

勢い余って一度、水中で一回転した私。いつか空中で一回転やりたい!←素人が可能なのか?


友達にもオススメしたい、新しい夏のアクティビティだった!


終わってからは装備していた備品をその場で返して、自分たちで更衣室へ戻る。
やっぱりセルフサービス。

シャワーを浴びて、服を着た。
シャワー室にはシャンプー・コンディショナー・ボディソープが備え付けてあって助かった。
女子更衣室にはドライヤーも用意されていて、髪も乾かせた(男子更衣室にはなかったらしい)。

更衣室は古いけど、清掃が行き届いていて汚さはあまり気にならなかった。
ちなみに更衣室はロッカー完備、しかも暗証番号でロックするタイプで
鍵を持ってフライボード体験をする必要がなかったのはよかった。

借りていたウェットスーツとサンダルは、受付で言われた通り更衣室に置いて終わり。

※水着で体験していた女の子たちが、クラゲにあちこち刺されていたので
お盆過ぎたらウェットスーツか長袖のラッシュガード、あとトレンカとか着ていたほうが無難かも。
私も実際手の指を刺された。クラゲはたくさんいたようだ。
ラッシュガードもレンタルできるみたいだったので、借りるのもあり。

帰りもシャトルバスで鎌倉駅に戻った。


体験できる時間が短いこと、バランス感覚に自信がなかったことで
あまり楽しめなかったらどうしようと、少しの不安はあったけど
思ったより飛べてうれしかったし、海の上を飛ぶという初めての感覚も新しく、本当に楽しめた。

彼も「久しぶりに新しいことを体験できた」と満足気だった。


来年はぜひ、どこか地方でやりたいなー。
きれいな海で。もっと長い時間。

30代、まだまだ遊びたい盛りです!

***********

けっこー詳しく書いたので、長くなってしまいました。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

私が事前リサーチをする際、わりと細かいところまで知りたくなるタイプなので
(実際なにを着るべきかとか、更衣室のスペックとか、見落としがちな小さい注意点とか)
なかなか情報がなさそうな小さいことも書いたつもりです。
私のように、スマホを現地に持って行かず、写真や動画を撮れなかった悔しい思いをしないでいいように
情報はできるだけ集めてから行くと、スムーズに楽しめると思うので☆


~フライボード体験記でした~


応援のクリックいただけると嬉しいです☆↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

SECRET

プロフィール

ふりかけ小町☆

Author:ふりかけ小町☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

▲ top